不向きな仕事をする場合は初期を乗り越えられるかがポイントとなります。

MENU

仕事に向き・不向きはない?

 

悩んでいる女性の画像

 

女性が仕事をするうえで向き・不向きは少なからず関係します。

 

例えば、人とコミュニケーションをとるのがとても苦手な人。
そんな人が接客系やサービス業をするのは向いていないといえます。

 

逆に、細かい作業や地道な作業を黙々とこなすのが苦手という人が、事務職や作業系の仕事をするのも向いていないでしょう。

 

人の性格、能力というのは少なからずあるので、関係しないといったら嘘になります。

 

ただ、人には順応性という能力があります
長くコツコツ働いていれば、向いていない仕事でも徐々にこなせるようになってきます

 

3~5年以上経つと不思議と慣れてきて、苦手だった仕事なのに全くストレスなく仕事ができるようになっている人もいます。

 

自分が働いていて、後輩をこれくらいの年数で見ていると、1、2年目の頃には「明らかにこの仕事に向いてないから、辞めたほうがいいんじゃないか」と思っていても、3~4年目になって気がついたら結構仕事ができるようになっていて信頼を置いているような現象もあります。

 

こうやって長く働くには、それだけ向いていない仕事に慣れるための最初の期間が重要になります。

 

向いていない仕事なわけですから、スタッフに迷惑もかけますし、お客さんなど相手がある仕事なら、そちらにも迷惑をかけることでしょう。

 

トラブルもたくさんあるとは思うのでストレスも溜まります。

 

こういった時期を乗り越えられるかどうかは、その人のメンタル次第です。

 

後輩を見ていても、少し注意や指摘を受けただけで、もう心が折れてしまうような人もいれば、どれだけ風当たりが強くても芯があり、粘り強く働く人もいます。

 

冒頭にも書きましたが、向き・不向きは必ずあります
ただ、向き・不向きに全てが左右されることはないです。

 

自分の頑張り次第、心の強さ次第で、向き・不向きなんて感じさせないように働けるようになる可能性は十分あります。

 

仕事ができる女性に共通するポイントって何?