男女の扱いを平等にする目標は、女性の社会進出や地位向上を高めています。

MENU

男女雇用機会均等法とは

一昔前の日本ではあからさまな男尊女卑の社会が築き上げられていました。
それはそれで一定の需要があったのですが、近年ではグローバル化を推奨する流れで男女平等が強く謳われるようになったのです。

 

  • 女性だから昇進が難しい
  • 女性はこの仕事しかしない

そうした考えを改めるための法律が男女雇用機会均等法です。
就職時の条件や定年、退職、解雇について女性だからという理由で男性と待遇を変えるのを禁止したのです。

 

男女の扱いを平等にする目標は、女性の社会進出や地位向上を高めています。
当然ですが、セクハラやモラハラにも厳しくなり問題視される傾向にあります。
これは昔が異常だっただけで、決して今がおかしい訳ではないのです。
男女が平等に扱われるようになれば、性別を理由で理不尽な想いをすることは無くなるでしょう。

 

均等法は1986年に開始

ニュースで男女平等が取り上げられるのを聞いて、最近始まった法律だと感じる人も居ます。
しかし、男女雇用機会均等法は1986年とかなり前から開始されているものなのです。

 

では、長く施行されている均等法で女性の立場は改善されたのでしょうか?
結論は残念ながらまだまだ不足しているというのが実情です。

 

男女のイメージ

男女の給料の格差は先進国の中で最も離れており、年収ベースでは100万以上も差があります。もちろん、女性でも稼いでいる人は居ますし、昔に比べて経営職を関わる女性の数も増えています。
ですが、全体を見るとやはり女性は冷遇されている状況にあると言えます。

 

間接差別の禁止

2007年には法律が再改正され、間接差別の禁止を打ち出しています。

 

例えば、女性の妊娠や育児を理由にした解雇や配置転換を禁止するものです。
海外では育休が推奨され、不当な解雇が行われる確率は日本に比べて少ないです。
まったく無い訳ではありませんが、日本の件数と比べると圧倒的に少ないのは事実です。

 

会社に滅私奉公する風土を好む日本では、働く時間が少なくなる人を評価しないのです。
男性だから、女性だから、性別を理由に不当な状況に追い込まれないように社会全体で協力し合って行くのが求められています。