女性が嫌う仕事はどのようなものがあるのでしょうか?

MENU

女性に不人気の仕事

 

20~30代女性にとったアンケートで、女性に不人気の仕事としてまず上位にくるのが、会社の営業職や不動産業といったものです。

 

女性というのは相手に気遣いを求める傾向があります。
しかしながら、営業職の場合は、逆に徹底した気遣いが必要とされる職業。

 

しかも、営業成績が関わってきますし、状況によっては時間外労働も厭わない、なりふりさも必要になってきます。

 

そういった時間的、精神的束縛を好まないため、女性には人気がないと思われます。

 

また、不動産業の場合はかなりの専門知識が必要で、若い女性だというだけでお客さんから頼りないという印象を持たれがちなので、感情的に動きやすい女性の気質には不向きです。

 

 

 

同じ様な理由で、コンサルタントも挙がってきます。

 

最近では女性社長、女性起業家、コンサルタントも増えてはいますが、本来リーダーシップをとる、発想力を持って動くのは男性の強みです。

 

そこまでの責任を背負いたくないという女性の立場に対する心理もあるので、多くの方に敬遠されがちです。

 

 

 

飲食店で働く女性の画像

続いて、飲食店の店長

 

飲食店自体の働き方がまず過酷。
下手すると休日がほとんどなく、毎日のように夜遅くまで接客。
しかも、翌日の準備にも追われる。

 

消費が停滞している不景気な世の中にあって、飲食店はかなりシビアな状況。
精一杯働いても、それが売上に繋がってこず、結果的に給与がない、責任をとる店長なら尚更その傾向にあります。

 

女性はメリット、デメリットに敏感なところがあるし、何より過酷な労働を嫌います。
毎月いくら貰えるかわからない不安定さも不人気の理由です。

 

 

 

同じ理由で、過酷、不衛生という理由で考えられるのが、工場の仕分けなどの内勤業務

 

ガソリンスタンドも肉体労働ですし、パチンコ屋に関しては不衛生に加え、モラル的にもイメージが良くないです。

 

 

女性からの「人気が高い仕事」についてはこちらをご覧下さい。